1538840211744

こんにちは!アルトです!

前回まではME倉庫やインデクサーを作成してアイテム管理を快適にできるようになりました。

今回は新たな発電施設として、Ender IOのZombie Generator(ゾンビ発電機)をつくろうと思います。


例のごとく、ゾンビ発電機を作るための素材を作るための機械から作っていきます。

まずは、鉄インゴット、かまど、大釜、Machine ChassisからAlloy Smelter(合金精錬機)を作成。
50

43


これを使って様々な合金を作っていきます。

ネザークォーツからFused Quartz
10

46

コスト高いけど、つなぎ目のない透明なガラスなので建材に使えるかもしれません😊


金インゴット、グロウストーンダスト、レッドストーンからEnergetic Alloy
24

金インゴット、ソウルサンドからSoularium
39

鉄インゴット、シリコン、石炭の粉からElectrical Steel
25

※Ender IOのSAG Millで石炭を粉砕するとThermal FoundationのPulverized Coalになったのでそれを使用しています。


もう一つ機械を作ります。

Soularium、モブヘッド、鉄のオノ、ハサミ、Machine ChassisからSlice'N'Spliceの完成。
15

14

モブヘッドですが、Ender IOが入っているとゾンビやスケルトンを倒しているとドロップするようになります。なので、意外とたくさん集まります。

※TiC2の武器クリーバーで倒すとモブヘッドを落とす確率が上がるらしいのでその効果もあるかもしれません。


この機械の中にオノとハサミを入れて、素材を入れるとアイテムが作れます。

今回はEnergetic Alloy、ゾンビヘッド、シリコン、Basic CapacitorからZombie Electrodeを作ります。
32-1
01-1


素材が集まったのでゾンビ発電機を作りましょう。Electrical Steel、Fused Quartz、Zombie Electrodeを組み合わせて完成。
35

46

ゾンビ発電機にNutrient Distillation(栄養蒸留液)を注入することで発電できます。(エネルギーの単位はRF。)


次にその栄養蒸留液を作るための機械を作ります。

まずは、鉄インゴット、鉄柵、ガラスからFluid Tank(液体タンク)を作成。
32

22

これは液体を貯めておくことができるアイテムです。


液体タンク、Machine Chassis、Electrical Steel、かまど、大釜でThe Vat(醸造機)の完成。
25

33

wikiでは醸造桶と表記されていますが、桶っぽくないのでこのブログでは醸造機とします。


この機械に水を入れて、素材を入れると素材に応じた液体が作れます。栄養蒸留液を作るにはモブヘッド、ゾンビ肉、生肉とキノコ類、砂糖、発酵したクモの目を組み合わせます。今回はゾンビ肉とネザーウォートを組み合わせます。


醸造機に自動で水を搬入するために便利なアイテムを作ります。

Fused Quartzと大釜からReservoirの完成。
11

48

4つ設置して対角に水源を設置すると無限水源になります。


左から、Reservoir、醸造機、液体タンク、ゾンビ発電機です。
25

Ender IOの機械は画像のように接地面からPull、Push、Pull/Push、Disableを選択できます。これがなんともカッコいいです✨✨

43

02

画像では醸造機の設定をしています。Reservoir側をPullにして水を搬入し、液体タンク側をPushにして栄養蒸留液を搬出します。


醸造機にゾンビ肉とネザーウォートを入れます。
32

栄養蒸留液がゾンビ発電機に注入されて発電しています。※醸造機の初動には蓄電器を使いました。
57


発電された動力を醸造機に送りたいので、パイプを作成します。

鉄インゴットとレッドストーンからConductive Ironを作成。
06

粘土、砂利、砂からBinder Compositeを作成。
09

それを精錬してConduit Binderに。
02

組み合わせてEnergy Conduit(エネルギー導管)の完成。
35


ひとまずこんな感じで配線しました。
29


今回はここまで!
次回はゾンビ肉とネザーウォートを醸造機に自動搬入する機構を作りたいと思います!


それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。また次回もよろしくお願いします😊